• 投稿者:
  • 投稿コメント:0件のコメント
  • 投稿カテゴリー:AWS
  • 投稿の最終変更日:2021年2月25日

AWSに用意された便利なツールの使い方を簡単に解説します

実際にAWSを使ってみましょう、AWSは、アカウントを作成し、サービスウィ選択でするだけで始められます。

ただし、このとき作成したAWSのアカウントは、なんでもできる最上位のrootアカウントです。取り扱いには十分に注意しましょう。

AWSを初めて使うには、まず基本的な考え方を理解しておきましょう。AWSはクラウドサービスですから、「使った分だけお金を払う従量課金制」が基本です。

なので、「不要なのにお金を払う」ことがないようにしなくてはいけません。つまり、『自分の必要なものを必要な分だけ使う』ということです。

自分に必要であるかどうかは、状況によって変わります。そのため、常に『自分に適切であるように管理する』ことがクラウドを上手に使うコツです。

AWSは総合的にサービスを提供しているため、Webサイト構築やシステム構築の内容によっては料金が高くなりますし、社内事情や顧客の事情もあるでしょう。

何をどのように使うのか、適切に選ぶ必要があります。

自分にとって最適な状態になるように管理する

  • 使った分だけ払う
  • 使ってない無駄なサービスを利用しない
  • システムの状況を見て、まめにシステムの利用を調整する
  • 必要なサービスのみを組み合わせて使う

AWSはサービスを総合的に管理できる

Idea

AWSは複数のサービスを使うケースが多いため、サービスを総合的に管理できる便利な機能が提供されています。

また、サーバーエンジニアなどITの専門家でなくでも操作しやすいように、Webブラウザで操作できるユーザーインターフェイスが用意されています。

現在使っているパソコンから管理画面にログインすれば、誰でも操作できます。

サービス管理ができるいろいろな機能

機能名概要
マネジメントコンソールサービスの設定などを行う画面。Webブラウザで使用できる。
CLIコマンドで操作できるコマンドラインツール。マネジメントコンソールでできないことも可能。
IAMサービスを使用するためのユーザーアカウント。グループやポリシーなどで、一括管理できる。
コストマネジメントコルトをグラフなどで確認できる。予算に基づく利用の管理なども可能。
CloudWatch監視ツール。閾値を超えた場合に、アクションを起こすこともできる。
スポンサーリンク

AWSアカウントとは

考える

AWSを利用するためのアカウントを『AWSアカウント』といいます。AWSアカウントを作成するには、メールアドレスとパスワード、連絡先や決裁に用いるクレジットカードを登録します。

このAWSアカウントは、Amazonで買い物するときに使用するAmazonアカウントとは別のアカウントです。GoogleアカウントやApple IDと似ていますが、大きく違うのは、個人だけでなく、企業も利用する点です。

AWSのサービスではサーバーやストレージをレンタルできます。個人でも使用できますが、規模が大きい団体の方がメリットがあるため、企業ユーザーも多いです。

企業ユーザーはAWSアカウントで管理するサービスの数も多くなりがちです。

そのため、複数のプロジェクトで同じアカウントを使用すると、費用などが曖昧になり、管理が煩雑になります。

こうした状況を避けるため、システムの規模が大きくなると、プロジェクトや費用の管理を行う単位で、AWSアカウントを使い分ける傾向にあります。

AWSアカウント(rootユーザー)を作成するときに必要な情報

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 連絡先
  • 支払い情報

メールアドレスとパスワードでAWSにログインし、各種機能を設定する

rootユーザーとは

ひらめき

AWSアカウントは、登録したメールアドレスと、パスワードでログイン(サインイン)します。AWSアカウントは、全ての操作ができる管理者権限を持つため、rootユーザーとも呼ばれます。

全ての権限を持つのは便利でありますが、間違った操作をすると致命傷になりやすく、アカウントを乗っ取られてしまったらとても厄介です。

こうした理由からIAMという、サービスを使用するだけのユーザーが別に用意されています。通常の運用ではIAMを利用するのが普通です。

スポンサーリンク

AWSサービスを自分に合わせてカスタマイズ

World, Map

AWSは、すぐに始められて、いつでもすぐに利用をやめられます。ですから、必要な時だけ、必要なサービスを使うのが鉄則です。わざわざ用意するのが面倒な機能やソフトウェアなどがサービスを設定するだけですぐに使い始められます。

また、1つのサービスの中に、うh空有の選択肢が用意されています。例えばサーバーのサービスのAmazon EC2であれば、インスタンスのタイプ(サーバーの性能)を選択したり、容量を増減したりできます。

一度選んだら放置するのではなく、自分に適切なサービスを選択し状況が変わったら、サービスも変更するようにしましょう。

AWSの使い方とアカウント-まとめ-

AWSの使い方とアカウント-まとめ-

  • AWSには便利なツールが用意されている。
  • AWSはサービスを総合的に管理できる。
  • AWSを利用するにはAWSアカウントを使用する。
  • AWSはサービスを自分に合わせてカスタマイズ出来る。

コメントを残す