• 投稿者:
  • 投稿コメント:0件のコメント
  • 投稿カテゴリー:AWS
  • 投稿の最終変更日:2021年2月16日

Amazon Web Servicesとは?初心者でもわかりやすく何が出来るのか?AWSのメリットは?

クラウドやウェブサービスを使用するのが一般的になりましたが、クラウドサービスの1つであるAWSが便利そうでいいものらしいことは知ってるけど、Amazon公式サイトを見ても実際にはどのようなものなのか、わかりづらいかもしれません。

なので、今回はAWS(Amazon Web Services)について「何が出来るのか?」「AWSの概要と特徴」「メリット」について具体的に解説します。

Amazon Web Servicesの基礎知識

  • AWSではシステム運用に必要なサービス一式をレンタルできる
  • AWSには数多くのサービスがあり、必要なものだけ組み合わせて使用できる
  • AWSの料金は従量制なので必要な使う分だけをレンタルできる
  • AWSはITの専門家でなくても利用できる仕組みがあるので、利用しやすい

上の項目がAWSの概要です。特徴とメリットについて詳しく解説していきます。

Amazon Web Servicesとは

Idea

AWSはクラウドコンピューティングサービスの一つ

AWSはインターネット通販で有名なAmazon.comが提供するクラウドサービスでAmazonのノウハウを活かして運営されています。

クラウドコンピューティングサービスとは簡単にいうとサーバや、ネットワークなどをインターネット経由で貸してくれるサービスで、オンラインであればいつでもどこでも利用できるサービスです。

Amazon EC2やAmazon S3などはAWSで提供されるサービスの名称です。

AWSではコンピューティング、ストレージ、データベース、分析、ネットワーキング、モバイル、開発者用ツール、管理ツール、IoT、セキリュティ、エンタープライズアプリケーションなど様々なサービスが用意されています。

AWSの多岐にわたるサービスを組み合わせりあることで、作りたいアプリケーションやインフラを構築することが出来ます。

スポンサーリンク

システム運用に必要なサービス一式をレンタルできる

考える

AWSはどんなwebサイトや業務システムも作れる

AWSはコンテンツ以外のシステム構築で必要な機能のすべてをレンタルできます。

AWSとレンタルサーバは少し似ていますが、AWSの特徴はコンテンツ以外のほぼすべてを一括で借りられること、OSやWebサーバ、データベースサーバ(DBサーバ)など必要なソフトまでまとめてAWSで手配することが出来ることです。

 

サービスを組み合わせやすい

ひらめき

AWS内部でサービスを組み合わせやすい

多岐にわたる拡張しやすいサービスが提供されているため、何かを始めようと思ったときに必要な機能はAWSだけでほとんど揃います。

AWS内で複数のサービスを組み合わせて構築するのも簡単です。またサービス同士の連携は強化されています。

AWS以外のシステムとの連携も出来る

AWSとAWS以外のシステム(すでに保有しているシステムや会社の設備)との連携する事例も増えています。サーバの一部だけをAWSで調達したり、社内LANとAWSとをつなぐこともできます。

スポンサーリンク

従量制なので使う分だけを借りられる

資産運用

AWSは使った分だけの費用に抑えられる

AWSの利用料金は使った分だけの従量制です。そのため将来的に必要な設備を購入しなくても、今必要な分だけにをレンタルできます。足りなくなったらその都度追加ができるので、AWSでは自分が必要だと思う分だけにコストを抑えることが出来ます。

専門家でなくても利用できる

AWSはITの専門家でなくても問題なし

AWSにはあまり技術に詳しくない人でも利用できるように様々な仕組みが備わっています。

なので、ある程度の規模であればネットワークやサーバの専門家でなくても使えます。またオンラインであれば場所と時間を選ばないのでパソコンのWebブラウザからいつでもどこでも操作できます。

スポンサーリンク

日本語対応、日本円の支払いに対応している

Tax

AWSは日本語と日本円の支払いに対応している

AWSのほとんどのサービスは、日本語、日本円に対応しています。

料金も単価はUSドルで表示されますが、日本円で支払います。また東京、大阪に日本担当のチームがAWS導入にあたっての相談窓口がるので、お見積もりやシステム導入の相談ができます。

AWS導入の支援をしているAPNパートナー企業もあります、そこに相談するのもよいでしょう。AWSから公式認定されている最上位プレミアコンサルティングパートナーは、日本国内では8社ほどあります。(NTTデータ、伊藤忠テクノロジーソリューションなど)

高いセキュリティの基準

セキュリティ

AWSは国内外のセキュリティ統一基準群に準拠

各国およびグローバルのコンプライアンス認証および証明がされており、法律・規制・プライバシー基準に準拠しています。

日本の基準ではFISC(公益財団法人 金融情報システムセンター)、FinTech、医療情報ガイドライン、政府均等の情報セキュリティ対策のための統一基準に準拠しています。

スポンサーリンク

グローバル展開しやすい

World, Map

データセンターが様々な国に存在するAWS

AWSではサーバなどを置いて運用するデータセンターを世界21の地域(リージョン)にある66の施設(アベイラビリティーゾーン)で運用しています。

そのため、グローバル展開した場合でもサイト閲覧者やシステムの利用者に地理的に近い地域でサービスを開始できます。日本でも東京と大阪のリージョン(地域)があり多くのユーザが東京リージョンウィ使用しています。

大阪リージョンはローカルリージョンと呼ばれ、大災害対策のバックアップを目的としたもので利用には申し込みと審査が必要です。

Amazon Web Servicesとは-まとめ-

Amazon Web Servicesとは-まとめ-

  • AWSではシステム運用に必要なサービス一式をレンタルできる
  • AWSには数多くのサービスがあり、必要なものだけ組み合わせて使用できる
  • AWSの料金は従量制なので必要な使う分だけをレンタルできる
  • AWSはITの専門家でなくても利用できる仕組みがあるので、利用しやすい

コメントを残す